• HOME
  • 海外出願(国別)

国別出願

 

よく日本で特許権をとると、その特許権に関する発明はアメリカでも中国でも

だれも真似できないと思われがちです。

しかし、実際には日本で取得した特許は、日本でしか適応されませんし、
中国で取得した特許は、中国でしか適応できません。


つまり、外国においても発明についての独占を得たいのであれば外国出願をする必要があります


外国出願とは、簡単に言うと自国以外の国に対して行なう特許等の出願のことです。


よって、中国で発明品の製造を特許権によって独占したいのならば中国に特許出願をして
中国の特許権を取得しなければなりません。

ここでは、各国の特徴も踏まえた上で、特許出願のポイントをお伝えさせていただきます。

どうぞご参考にしていただければ幸いです


 

海外出願(国別)の詳細は以下をご覧下さい。

 

各国の状況 中国への出願
   
米国への出願 欧州への出願
   
韓国への出願  

 

お問い合わせ・無料相談はこちらから

無料相談実施中!
tel1.png